シミのない、シルクのような肌へ。

トレチノイン効果?毎日の肌のケアで綺麗になれる

鏡を見ながらスキンケアをしている女性

美肌を手に入れるためには、お肌のケアを継続して行うことが必要です。
まず毎日使う化粧水ですが、高価なものほど成分が優れていて効果が高いのは事実です。
しかしそういったものを少しずつ使うぐらいならばドラッグストアなどで手に入る安価な化粧水をたっぷりと使った方が良いです。

洗顔や入浴の直後から肌の乾燥は始まるため、すぐに肌に化粧水をなじませることが大切です。
コットンや手でしっかりと奥まで浸透させるようにプレスした後、乳液やクリームなどで潤いを逃がさないように保湿します。
化粧水や美容液をつける前にふき取り化粧水や精製水などで肌を綺麗にしておくと、より一層化粧水などが浸透します。

パックは集中ケアとして有効ですが、良かれと思って長時間つけっぱなしにしていると逆に乾いたパックに肌の水分が取られてしまうので、大体10分から15分を目安に外すようにしましょう。
毎日のように化粧をする人も多いと思われますが、長時間メイクをしたままだと肌に色素が沈着してしまったり、落とす際に擦れて肌が傷ついてしまったりと負担が大きいです。
ですから、人前にあまり出ない日はノーファンデで気になる部分だけをコンシーラーで隠してお肌を休ませたり、お湯でオフできるような肌に優しいファンデーションを選んだりすることもケアの一環となります。
メイクを落としきれずに肌に残してしまうことももちろん負担になりますので、アイメイクなどのしっかりとメイクをしてある部分は専用のリムーバーできちんと落としきるようにすることが大切です。

水を飲むこともデイリーケアに繋がります。
単純に肌の細胞に水分が行き渡るだけでなく、体全体の代謝も良くなるためターンオーバーが正常になりアンチエイジングにもつながります。
一日に2リットルほどの常温の水を目安に飲むといいのですが、一度に大量に飲んでしまうと健康を害する恐れがあるため、数十分に一口ずつというふうに間隔をあけて摂取しましょう。

明らかに変わる洗顔方法

肌のケアとして重要なのが洗顔です。
もし洗顔をきちんと行わなかったら、皮脂が酸化して過酸化脂質となり老化の原因になってしまいますし、汗やほこりなどの汚れが菌を繁殖させたり毛穴を詰まらせたりしてニキビができやすくなってしまいます。
毎日行うことだからこそ、意識して正しい洗顔を継続すれば肌は変わります。

洗顔方法として大切なのは洗顔料をしっかりと泡立てることです。
手や洗顔ネットなどできめ細かい泡を大量につくり、肌に乗せて優しく円を描くように泡を押し当てていきます。
きめ細かい泡がしっかりと毛穴の汚れを吸着してくれるため、こする必要はありません。
ここで手を直接肌に当ててゴシゴシとこすったりすると、肌が傷ついてしまう恐れがあるため注意しましょう。
Tゾーンや小鼻など、脂が浮きやすいところは重点的に洗うことが大切です。

あと注意すべき点は、泡をしっかりと洗い流すことです。
すすぎ残した洗顔料が原因で肌荒れを起こしたりニキビになってしまうからです。
顔の中心だけでなく、髪の生え際やあごの周りなども洗い残しのないようにしっかりとすすぐことが大切です。

しかし、普段から洗顔を頑張りすぎることで肌の脂を必要以上に取ってしまい、乾燥している人もいます。
そういった人は朝の洗顔を洗顔料を使わずに水だけで洗うようにすると改善されます。
水だけで洗う場合も、手が直接触れないように気を付けて顔に向かって水をかけるイメージで洗います。

最低限の皮脂以外の汗やほこりなどの汚れはこれでも十分落ちるので大丈夫です。
最後に、洗った後の顔の水気の取り方ですが、ここでタオルでゴシゴシこすってしまっては皮膚が傷ついてしまうので、清潔なタオルやティッシュなどを顔に優しく乗せ、水気を吸い取らせるようにしましょう。
これが肌を変える洗顔方法です。