シミのない、シルクのような肌へ。

フルオロウラシル入りクリームでシミを消そう

フルオロウラシルは元々皮膚がんや腫瘍治療のための治療薬として用いられてきたという経緯があります。
軟膏やクリームとして使用することでシミやほくろを薄くする効果があり、シミやほくろを目立たなく、改善させることが出来ます。
フルオロウラシルは細胞障害性の抗がん薬で、代謝拮抗薬と呼ばれる種類の薬効によって抗がん作用を発揮します。
代謝拮抗薬と呼ばれる種類の薬効では細胞の代謝機能にかかわる反応を阻害するので、癌細胞の増殖を抑えることが出来るでしょう。

フルオロウラシルはシミやほくろを薄くする以外にも、コラーゲンの生成を増加させる作用があります。
さらに、皮膚のシワを薄くする効果もあります。
生化学反応を防ぎ、細胞を破壊することもできるので比較的濃いシミやアザ、ほくろを取ることも可能です。

使用方法は患部に1日1回から2回程度塗布するだけと手軽だといえます。
使用する前には患部を清潔にするため優しく洗い、10分程度乾かしてから塗りましょう。
稀に塗布部分に痛みや赤みが出て来たり、色素沈着が出ることもあります。
こうした症状が現れた際は病院を受診し、医師の管理下で使用するようにする事が必要になります。

また、光過敏性皮膚炎や高色素沈着が起こる場合もありますので、できるだけ紫外線を避け日焼け止めクリームでカバーするようにしましょう。
他にも、痛みや炎症が出る場合もありますので、こうした症状が出た場合は使用を中止するようにしましょう。
また必ず病院を受診するようにしてください。

フロニダクリームはフルオロウラシルのジュネリック医薬品で、成分内容はフルオロウラシルと同じで、薬用効果もほぼ同じです。
皮膚がんの治療薬として使用する他にも、ほくろやシミの改善、シワの改善薬として使用することが出来ます。
フルオロウラシルもフロニダクリームも塗布した後は、患部が日焼けしないように日焼け止めクリームを塗って使用するようにしましょう。

がんにならない為の行動

日本人の死亡原因の第一位はがんです。
その中でも皮膚の基底層と呼ばれる部分ががんになる基底細胞がんという種類の皮膚がんは、日本人に最も多い種類です。
他にも有きょく細胞がんや悪性黒色腫がありますので、皮膚の異常があればすぐに病院に行くことをおすすめします。

皮膚がんの一番大きな原因は紫外線ですので、なるべく紫外線に当たらないように心がけることが大切です。
太陽光を浴びることで紫外線の刺激を受け、皮膚がんの因子が体内に出来、ダメージが蓄積されると異常な細胞が発生するリスクが高まり、がん細胞が生まれていきます。

またがんの原因には高齢化や皮膚疾患もありますので、慢性的な皮膚疾患がある方は受診し治療をしてがんを防いでいくとよいでしょう。
悪性黒色腫はほくろと間違えやすく、直径6ミリ以上のほくろでだんだん大きくなっているものがあれば、病院で診てもらう必要があります。

またほくろが左右対称であるかどうかも病院で診察を受けるかどうかのチェックポイントです。
異物な形のほくろや左右対称でないものは、皮膚がんの可能性があります。
普段から自分の肌の状態を見ておくことによって皮膚がんを予防することが出来るでしょう。

一番の予防法は紫外線対策です。
1年中紫外線対策をすることが大切ですが、特に日差しが強くなる夏の時期は、日傘やUVカット効果のある帽子をかぶり、日焼け止めクリームを塗るなどの紫外線対策を念入りにするようにしましょう。
またアメリカで開催されたがん予防研究国際会議では、コーヒーを1日3杯以上飲んでいる人の方が基底細胞がん発症リスクが20%低かったという研究結果が出ていますので、皮膚がん予防にはコーヒーを飲むことも有効です。